ミトコンドリア治療で不妊から脱出※自宅サプリで卵子が元気

ミトコンドリアでの不妊治療は、自分でできる妊活の最後の頼みの綱ともいえる新しい不妊対策です。

普段の生活を見直したりサプリの摂取で無理なく取り組めるミトコンドリア治療で、卵子を若返らせて妊娠体質になりましょうね。

そもそもミトコンドリアってなに?

「ミトコンドリア」という言葉に聞き覚えありませんか?
私は「学生時代に理科や生物の授業で出てきたな・・・」と覚えていました。

ミトコンドリアは、丸いデコボコしたカプセルのような形をしています。
動植物、すべての生きるものの細胞の中の細胞を作っていて、その数は細胞によっては数万とも言われています。

ということは、私たちの体はミトコンドリアでできているといってもいいくらいですよね。

ミトコンドリアの働き

ミトコンドリアの働きは、生きるためのエネルギーを作り出すことなんですよ。
体を動かすためには筋肉を使うことになりますが、そのためには筋肉を動かすエネルギーが必要不可欠です。

このエネルギーの源になるのが、ATP(アデノシンサンリン酸)。
食事で吸収した栄養や、呼吸によって体内に取り入れた酸素で作られた物質であり、ATPを作り出してくれるのがミトコンドリアなんです。

ATPはたくさん作られたからといって貯めこんでおくことができません。
作られたら、どんどん使われていってしまうんです。

人は働きすぎたり、運動しすぎると疲れてしまいますよね。

休みなく活動するミトコンドリアも、加齢と共に劣化して量の減少を招いてしまうんです。
しかも、質の良いものと悪いものがあって、卵子の老化に影響して不妊を招いたりするんですよ。

卵子や妊娠にミトコンドリアが欠かせない!女性との関係

ミトコンドリアは細胞の中に存在しているので、もちろん卵子を作っているのもミトコンドリアです。

卵子が作られる過程、精子と受精する時、受精卵が細胞分割する時、受精卵が胎盤に着床する時・・・妊娠成立までの間、ミトコンドリアは働き続けます。

ミトコンドリアは加齢と共に減少してしまうのですが、30歳後半~40歳前半を境に激減していく傾向にあります。

高齢になればなるほど不妊の確率が上がってしまうのは、このミトコンドリアの減少によるものの可能性が指摘されています。

ミトコンドリアの減少はエネルギー不足につながり、結果的に卵子を作る卵巣の機能の低下、そして卵子の質の低下にもつながってしまうんです。

加齢だけじゃない。ミトコンドリアが悪くなる原因

ミトコンドリアは、加齢だけでなく、不規則な生活や食事、ストレスが原因で質が低下します。
実際、日本不妊治療学会の研究結果にミトコンドリアは卵子の老化に関連があることが報告されています。

ミトコンドリアの弱体化&減少 → 卵子の老化 → 着床できない → 不妊

ミトコンドリアは年齢を重ねるにつれ数や質が低下しますが、「もう歳なのかな・・・」とあきらめることはありません。

高齢になれば妊娠しずらくなるのは事実ですが、40歳前半で妊娠・出産されている方もたくさんいらっしゃいますから!

実はミトコンドリアは努力や治療によって、自分で増やすこともできるし、質も改善することができるので大丈夫ですよ。

ミトコンドリアの増加、質が向上すれば卵子の質がアップして不妊解消にもつながっていくんです!

ミトコンドリアを活性化する具体的な方法

卵子を元気にするためには、まずはミトコンドリアを元気にして増やす必要がありますよね。
そこで、ここではミトコンドリアを活性化する方法を具体的に紹介していきます!

自分でできる方法

まずは規則正しい生活をして体のリズムを整えることが大前提です。
そのほかにはというと、次の8つを毎日心掛けましょう。

1:睡眠と日光浴

きちんと十分な睡眠をとって朝起きたら朝日を全身に浴びたり、日中も適度に日光の光を浴びましょう。

そうすることでミトコンドリアの活動のスイッチが入り、活性化してエネルギーを作り出します。

2:有酸素運動を毎日適度に行う

ミトコンドリアの細胞に取り込む酵素量を増やすことができます。
この酵素がエネルギー源になります。

3:食事は栄養バランスの良いものを食べる

ミトコンドリアを活性化させる成分PPQ(ピロロキノリンキノン)を含む納豆、豆腐を積極的に食べましょう。

ぶどうやりんごの皮に含まれるレスベラトロールという成分も、ミトコンドリアを活性化してくれます。

4:湯船で体を温める

お風呂はシャワーだけでなく、湯船に浸かり体を温めてから体の一部に水シャワーをします(温冷療法です)。

温まった体が急に冷えることで、体を温めるエネルギーが必要と感じてミトコンドリアが活発になります。

5:1日数回深呼吸をする

ミトコンドリアが必要とする酵素を作り出すのは呼吸です。
ミトコンドリアはエネルギーを作り出すのに時間がかかるので、呼吸もゆっくりの方が効率的なんです。

6:唾液の量を増やす

唾液に含まれる成長ホルモンは老化を予防してくれる効果があるので、ミトコンドリアの減少や質の低下を防いでくれます。
食事時、しっかり噛むことで唾液量が増えますよ。

7:腹八分にする、空腹の状態を作る

ミトコンドリアは空腹時に最も増えます。なぜなら、体がエネルギー不足だと認識し、ミトコンドリアがエネルギーを作ろうとがんばるからです。

夜を少食にしたり、水分だけ摂るなどのプチ断食が有効ですよ。

8:背筋を伸ばし姿勢を正す

ミトコンドリアは筋肉の中に多く存在するので、常に姿勢に気をつけていれば自然と筋肉が使われている状態になるのでミトコンドリアが活性化します。

病院で行う治療方法

不妊治療でミトコンドリア治療を取り入れているクリニックは、そう多くはありません。

ミトコンドリア治療で使われるDHEAが日本ではまだサプリメントとして認定されていないからで、長期に渡って過剰に服用すると頭痛や疲れ、不眠、月経異常、肝機能障害、高血圧などの発症の恐れもあるからです。

だから、病院での取り扱いも慎重というわけなんですね。

副作用の心配があるDHEAですが、海外ではその効果を絶賛され、多くの国でサプリメントとして認められています。

DHEAは不妊治療で使われています

DHEAは、ホルモンの一種で「デヒドロエピアンドロステロン」という名称です。
若返りの効果があるといわれ、筋肉の機能維持、細胞の老化予防や回復力アップ、生殖機能の改善などの効果が期待できます。

不妊治療では、卵巣機能改善、卵子の質アップのために医薬品として処方されます。

医師に決められた分量を決められた期間(最長で1年程度)服用し、定期的に血液検査やホルモンの測定をして、副作用が出ていないか、効果が得られているかをチェックします。

DHEAのサプリは海外通販で入手することも可能ではありますが、国内でサプリメントとして認定されていないことを考えると、自分の判断で安易にサプリメントを摂取するのは注意が必要です。

医師に相談してからの服用、または病院で処方されたものを服用して治療した方が安心できますね。

根本治療で妊娠をめざす!

不妊治療には、時間もお金もかかるため、精神的にも身体的にも負担がかかり、疲れてきてしまいますよね。

「こんなにがんばってるのに何で妊娠できないの?」「私は妊娠できない体なの?」いろんな思いがこみ上げて悲しくなったり、不安に押しつぶされそうになってしまうこともあると思います。

でも、あきらめないでください。
自分にできることがまだありますよ。

ミトコンドリア治療は卵子、卵巣の根本から治療してくれる画期的な治療法です。
細胞から治療することで妊娠体質になれる可能性は十分ありますからね。

自分でできることやサプリメントの服用で体の内側から改善していきましょう!