あなたは無排卵月経?特徴と検査と妊娠の可能性

無排卵月経とは、きちんと生理はきているのに、実は排卵していない状態です。

きちんと生理がきているので自分では気づいていないことが多いので、気づかない不妊の原因となっていることも。

生理が始まっていればどの年代の女性でも起こりうることですが、30代の女性の割合が高いとされています。

無排卵月経の症状と検査と自分でできるチェック方法

生理の有無だけでは分かりにくい無排卵月経。日ごろの小さな異変に気づけるかどうかが、症状の判定につながりますよ。

無排卵月経の症状

無排卵月経になると、月経リズムが少し不安定だったり、月に2度も続けて生理がきたりするなど、生理がアンバランスになることが多いんです。

とはいえ、排卵していても生理が不安定なリズムになることもあるので、生理を基準にして自分で確認&判断するのは難しいでしょう。

しかも、具体的な症状は実はまったくないこともあります。では、どうすればわかるのかというと、病院での検査か生理以外でのセルフチェックとなります。

病院での検査

病院では、無排卵月経が疑われる場合には血液検査を行い、ホルモン値から無排卵月経かどうか判断していきます。

無排卵月経だと、自然妊娠の可能性は限りなく低いです。正常な状態での排卵がなければ、当然精子を迎えても卵が卵巣から出てきていないので、妊娠できません。

セルフチェック

無排卵月経は、実は基礎体温をつけることでわかります。基礎体温は、朝、起床前に体温を測ります。

1日の活動をスタートすると(カラダを動かすと)体温が上昇するので、起きてすぐの体温を測ることで、ばらつきを防いでより正確な体温を知ることができます。

体温は、ホルモン(黄体ホルモン)の分泌で排卵から生理の少し前までは上昇し、下降が始まると数日のうちに生理がきます。

しかし、無排卵だと、黄体ホルモンの分泌がとても少ないので基礎体温が上がりません。

高温期と低温期の区別がなく数か月低温状態が続く場合には、無排卵月経が定着してしまっているかもしれません。治療しなければ妊娠は難しく確率はほぼゼロなので、病院を受診して詳しい検査と不妊治療を行った方がいいでしょう。

無排卵月経の治療方法

黄体ホルモンの分泌がしっかり働けば、排卵がおきて妊娠できるようになります。つまり、治療方法はホルモン分泌を促すことがメインとなり、その方法として主に4つがあります。

  • 漢方薬
  • ピルの投薬
  • カウフマン療法
  • クロミッドの投薬

それぞれについて、さっくりと解説します。

漢方薬

卵巣を刺激する働きを持つ漢方薬を飲んで、徐々に卵巣の働きを強めて排卵できるようにする方法です。

漢方薬は総じて遅効性のため、卵巣機能の回復を長い目で待つことになるので、すぐに妊娠したい人には不向きです。

漢方は体への負担がほぼゼロ~ごく少ないので安心な治療法ですが、医学的な確実性は認められてなく、今までの効果の経験から取られている治療法です。

ピル

低用量のピルを服用して、排卵に必要なホルモンバランスを整えていく方法です。ピルには黄体ホルモンと卵胞ホルモンが含まれているので、体内のホルモンバランスと子宮の調子を整えます。

ホルモン剤は、少量でも効果が高いのが特徴。この治療は、ピルを服用している間は排卵が起こらないという性質を利用したもの。ピルをやめると排卵が起こり、体が排卵リズムを覚えるようになります。

カウフマン療法

カウフマン療法は、月経リズムに合わせて黄体ホルモン(プロゲステロン)や卵胞ホルモン(エストロゲン)などのホルモンを投与する治療法です。

正しい生理リズムを体に覚えさせながら、ホルモンを分泌する下垂体の働きを抑制するちょっと変わった方法。

生理周期単位で繰り返したところで突然カウフマン療法を辞めると、抑制されてた下垂体の働きがリバウンドでしっかり働き、月経リズムと排卵が正しく起こるようになります。

クロミッド

排卵誘発剤「クロミッド」による治療は、すぐに妊娠したい人に用いられます。ただし、卵巣に鞭を打って「排卵させる」方法とも言えるので、卵巣を治療していく方法とはいえません。

しかし、強い排卵効果があり排卵をコントロールできるので、妊娠の可能性がとても高くなることから、多く用いられる治療法です。

どの治療法が良いの?

ここまで、漢方・ピル・カウフマン療法・クロミッドの4つの治療法を紹介しました。漢方は経験則的な治療なので漢方に理解ある医師だけが行っています。通販でも手に入るので、民間療法的な意味あいもあります。

よって、本格的な治療はピル・カウフマン・クロミッドの3つです。

ピルとカウフマン療法は、すぐに妊娠を希望していない女性に用いられます。体質や症状などによって使い分けますが、どちらも卵巣を「休める」ことで元気を取り戻させ、治療していく方法といえますね。

しかし、年齢が若いほど卵の質が良く受精の確率も高いことを考えると、ピルやカウフマン療法で地道に治療しているうちに、妊娠確率が下がるのは考えものです。

すぐにでも妊娠したいなら、クロミッドでしょう。クリニックでの採用率も高いです。妊娠すれば、その後は月経もしばらくなくなり卵巣もお休みできるので、「まずは妊娠」を目標に排卵誘発の治療法が用いられます。

とはいえ、どの方法が良いというのではなく、無排卵月経を治療する目的や生活面のことを加味しながら、自分に合った治療方法を目指すのが良いでしょう。